ひぐち歯科クリニック メディア掲載歴

WEB予約

無痛治療 阪急茨木市駅前 ひぐち歯科クリニック

 

HOME >  メディア掲載歴  > メディア掲載歴

メディア掲載歴

テレビ・新聞に出演・解説しました!

  • 2016年6月12日

    「日本経済新聞」で当院長が「噛みしめ呑気症」に関してコメントしました!

  • 2015年12月1日

    朝日放送TV「みんなの家庭の医学」に症例写真を提供しました!

  • 2014年11月21日

    讀賣TV「かんさい情報ネットten.」に当院長が出演しました!

  • 2009年11月2日

    朝日放送TV「おはよう朝日です」に当院長が出演しました!

  • 2008年10月29日付

    「東京スポーツ新聞」で当院長が「歯科治療の疑問」に関する解説を行いました!

  • 2008年8月21日付

    「東京スポーツ新聞」で当院長がドライマウスに関する解説を行いました!

  • 2008年5月、6月、8月

    フジTV系報道番組「ハピふる!」に当院長が度々生出演しました!

メディア掲載歴

すきすき京都 秋号 院長インタビュー記事掲載

恒河沙発行「すきすき京都」2013年秋号で、引きこもりの問題を抱える青少年にとっての、口腔内の病気についてのインタビューを受けました。記事の内容は、自立に備える口腔ケアについてです。

「ばらんす」2012年冬号より抜粋


◆質問
引きこもりの問題を抱える青少年にとって、口腔内の病気は大きな問題です。たとえば、抗不安薬や抗うつ薬などの副作用によって口の手入れがおろそかになるといろいろな問題が発生します。


ドライマウスは口呼吸が原因で唾液の出る量が減ったり唾液が蒸発したりすることで起きます。薬の副作用のほか、口数が少ない、あまり噛まずに飲み込む習慣がある、ストレスを抱えていることも唾液の量を少なくさせる要因となります。ほかに深刻化しやすいのが口臭と虫歯です。
せっかく引きこもりを克服して学校に戻る、または自立して社会に出て行こうとするとき、こうした問題に足を引っ張られるのは大変残念です。しかし、正しい口腔ケアの方法を身につけたら口臭の発生を抑えることは可能です。また、大きな穴が開いた虫歯は速やかに削り、詰めて治し、虫歯ができやすい生活習慣を改めることで繰り返し虫歯になるのを防ぐことが出来ます。

◆回答
歯にひびが入る原因には、歯牙外傷と疲労破折があります。ひびが入るのは、歯に加わる力が歯の抵抗力を上回る場合と、抵抗力自体が弱くなっている場合です。
スポーツ、夜間の歯ぎしり、パソコン作業中のかみしめ等の癖や習慣を見直すことから始めましょう。また、夜間の歯ぎしりに対してはナイトガードというマウスピース状の装置を睡眠中に使用すると効果的です」

口腔ケアの四つのポイント
プラークコントロール
モイスチャーコントロール
pHコントロール
力のコントロール

これら四つのケアを適切に組み合わせて実践することで、ほとんどの口の問題を自力で改善し予防することが可能です。従って、自立した社会生活への第一歩を踏み出すためにも、ぜひ口腔ケアを積極的に取り入れ、習慣として定着させていきましょう。
口臭治療を受けた一人の女子高校生の事例の紹介




■「すきすき京都」
季刊誌“すきすき京都”
恒河沙が発行するフリーペーパーです。
「恒河沙(ごうがしゃ)」は京都市北区大宮釈迦谷にある、青少年のための自立支援施設です。


メディア画像

 

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com